「三中井を歴史にさかのぼる」 > 企画展(第2版)にあたって





     〒522-8522
     滋賀県彦根市馬場1-1-1
     TEL : 0749-27-1047
     FAX : 0749-27-1397
      ebr@biwako.shiga-u.ac.jp



    

 わたしたちの職場である、滋賀大学経済学部の彦根キャンパスにほどちかい夢京橋キャッスルロードに、洋菓子店の(株)三中井(みなかい)はある。この三中井のようすを歴史にさかのぼってみることが、今回のインターネット企画展である。

 国宝彦根城城郭の京橋口から南西にのびる夢京橋キャッスルロードは、統一された白壁と黒格子により、歴史景観が再現された商店街である。京橋を背にして少し歩くと、左手に大きな「いげた」の印がみえる。それが、三中井の店舗である。地元にゆかりのある「彦根城」「城下町」「びわ湖」といった名の洋菓子が、三中井の店頭にならんでいる。

 本学部の経済経営研究所は、その母体となった彦根高等商業学校調査課(時期により研究部の名称)が収集した図書・文献資料を引き継いで保管し、そのなかに、過去の三中井のようすを伝える歴史資料がある。

 このインターネット企画展では、そうした資料の一部と、(株)三中井がお持ちのアルバムから選んだ幾枚かの写真を展示することとした。会期中に学内で展示合評会の機会をもうけ、それをうけて12月6日より、第2版を掲載した。

 戦前の三中井は、名にし負う百貨店だった。当時の三中井の光景を、 朝鮮半島へ、中国大陸へ、とみるとしよう。

前へ      次へ